改装OPENいたしました


by wuyue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

不可思議タウン☆赤羽

北区というのは23区の中でも、すごーく中途半端なポジションにある街です。
荒川を隔てて、ギリギリのところで「東京都」を名乗ってはいるけど、
川口や戸田市民からしてみたら、ただの隣町であり、23区という認識はないと思われます。

昔は赤羽というと、あまり垢抜けない、ちょっと治安も悪そうな街、という印象でした。
それが、埼京線が通って都内に職場を持つ人々のベッドタウンとなってからは、
高級マンションやオシャレな店も増え、駅や駅前も見違えるようにキレイになりました。
もっとも”アカバネーゼ”たちは、地元で遊んではいないと思いますが(笑)

一方、そんな赤羽には、いまだ昭和の匂いを残すディープな商店街が健在です。
「はきものや」と呼ぶにふさわしいこんなお店が、メインストリートにあったりして、
さらにその先で「ジュータンパブ・ペロたん」なんていう看板に遭遇したりするという、
大変イカした街なのであります。ケミカルシューズって・・・ジュータンパブって・・・(-.-)

さて、先日赤羽の書店にふと立ち寄ったときのことです。
その書店は一見何の変哲もない、中規模の店構えでした。
ところが、中に入るとなんと一角に韓・華流の雑誌コーナーが設けられています!
最近はどこの本屋でも、その手の雑誌は数多く置いてありますが、
ここの品揃えは、店の規模からすると、ありえない充実ぶりです。

さらにレジ横には韓流スターのグッズがちょこっと置かれており、
その近くには、またしても韓・華流の書籍コーナーが出現!
ドラマや映画・スター関連の本はもちろん、写真集がズラリと並んでいます。
リュ・シウォンやF4はわかるとしても、JAYの写真集が2種類もあったのにはビックリ!
うっかり買ってしまいそうになったではないか!ふぅ・・・危ない危ない。
この店はタダモノではないと確信いたしました。

くどいようですが、紀伊国屋でもなく、ジュンク堂でもなく、丸善でもなく、
街のどこにでもあるような1フロアのみの本屋さんなんですよ!
そんな本屋の売り場をこんなに韓・華流関連本で占めちゃっていいものなのか、
本気で心配してしまうほどです・・・。
店長さんの趣味なのでしょうか。はたまた、赤羽には韓・華流好きが多いのでしょうか。
目当ての本を探すには、ココに来たほうが手っ取り早いかもしれません。

レトロとモダンと韓流と華流が混在する魅惑の街・赤羽はあなどれませんよ!
[PR]
by wuyue | 2006-01-21 01:52 | 日常