改装OPENいたしました


by wuyue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

THE☆明治の女

近所のYクリニックには、開業当時から現在に至るまで一家でお世話になっています。
元々大病院の心臓外科医だったやり手のY先生ですが、見た目は「人のいいオジサン」風。
開業した当時、近辺に小児科が少なかったので是非にと言われて小児科を標榜しました。
畑違いですから、開業してしばらくは、確かに小児科に関してはイマイチな感じでしたが、
相当勉強もされたようですし、今では信頼できる小児科のお医者さんの1人です。

そのY先生を支える奥様も、元大病院のやり手ナース。
でも、開業以来「ナース」としての顔は一切出さず、受付に徹してます。
凛として、でも決して気取ってはいない、気配りの出来る女性なのです。
Y先生が「あれ取って」の「あ」を言った時点で、もう気づいて取ってあげる。
夫を立てて、決してでしゃばらす献身的に働く・・・・。
まるで、明治の女のようです。

偶然にも、このYクリニックで以前働いてたナースが、うちの病院に2人もいました。
1人はパートで働いてたのですが、Y先生や奥様も優しくとても居心地がよかった!と。

1人は看護学生時代にバイトをしてたそうなのですが、やはり同じように絶賛。
先生・奥様ともに、学生に対しても見下すことなく、とても大事にしてくれたとか。
実習では学べない多くのことを、このクリニックで勉強できたと言います。
私の学生時代は、思い出したくもない、最低最悪の医者&ナースのいるクリニックで
働いてたので、なんとも羨ましいなぁ~・・・と思いました。

当時、彼女は金髪に近い頭で、キャップをかぶってたそうなんですが、
それに対してY先生も奥様も、なにひとつ言わなかったとのこと。
自分でもさすがにこれじゃマズイな、と思って髪を黒く染め直してきた彼女に、奥様は一言。
「やっぱり、このほうがいいわね」

この話を聞いたとき、ちょっと感動しましたよ。
ガミガミ叱るのではなく、本人が気づくのを待ち、結果を褒める。
なかなか出来ることではないです。

夫に従順な妻がいいのか?というと、そんな単純な話ではなく、
すべての人に対し、「気くばりができる・空気が読める・思いやりがある」
それも自然体で、嫌味じゃなく、出来るこの方ってすごい!と思います。

ワタシには逆立ちしても真似できません・・・・・。
[PR]
by wuyue | 2008-04-08 23:02 | 日常