改装OPENいたしました


by wuyue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:J-POP( 19 )

紫SHIKIBU

竹馬アイドルだってーーーあはははははははは!!
めっちゃ昭和でアナログだぁ。しかもナベアツがメンバーに入ってる~。
デビューイベントとかあったら行っちゃうよ、もう(笑)
b0042003_2112738.jpg

[PR]
by wuyue | 2008-12-11 21:27 | J-POP

演歌の心

懐かしのインド人演歌歌手・チャダが再デビューしたそうですが、
やっぱジェロに負けられない!とでも思ったのでしょうか。
外国人の演歌歌手としては、チャダの方が先ですもんね。

日本人が洋楽を聴くように、外国人が演歌を聴いても不思議じゃない。
パックンだって、この前TVで五木ひろしの大ファンだと言ってましたから。
今後、白人演歌歌手が登場するかもですね。

私は生粋の日本人ですが、演歌の良さはさっぱりわかりません・・・。
[PR]
by wuyue | 2008-11-28 22:46 | J-POP

SOS CLIPS Vol.2

10年以上活動してるアーティストの、過去の作品をたどるという作業もまた楽しいけど、さすがにCDやDVDを全部買うというわけにはいきません。
幸い、近所のレンタルショップに結構な在庫が揃ってるので、おかげで予習復習OK。
買ったのは「武田雅治」くらいなもんです。すいません。(これからは買います)

しかし、そんな私も「おもろい」という評判聞いて、コレ買いました。
b0042003_20585818.jpg要はクリップ集なんだけど、メニュー画面で「つぶやきON」にすると。PV見ながら自分ツッコミする3人の会話が聞ける、という代物でして、これがまたオモローなんです。

「髪の毛茶色くないか?」「「不良や」
「眉毛太っ!」「顔色悪いな」
「この日は風がほんまに強くて、リーダーのヅラが何回取れたことか」
「あれから接着剤強いのに変えました」

・・・というように、全編3人のアホな会話が聞けます。
あ、もちろん撮影秘話みたいなのも聞けるので、へえ、こんな風にして作ってるんだーとか、苦労して作ってるんだなーとか、PVの見方も変わりますが。

失敗したのは、この「つぶやきON」を先に聞いてしまったこと。
後からPVだけにして鑑賞してても、3人の会話が思い出されて、
ついつい笑ってしまいます・・・。

ライブのMCも面白いし、次はやっぱりライブDVDを買うべきかしら?
某所では、新品でもかなり安く買えるのでこれまた助かります(重ねてすいません)
[PR]
by wuyue | 2008-10-04 20:59 | J-POP

川江美奈子/letters

一青窈・今井美樹・平原綾香・中島美嘉・郷ひろみらに提供した曲を、
ピアノと歌だけでセルフカヴァーしたアルバムです。
凝ったアレンジもいいけど、こういうアコースティックな弾き語りも大好き。
シンプルであればあるほど、自信がないと出来ないお仕事ですよね。

郷ひろみに提供した「ありのままでそばにいて」がとっても良い曲でして。
もちろんご本人が歌われているのですが・・・・・・・
ご本人が歌ってるのもいいんですが・・・・・・・
川江さんが歌うと別の曲に聴こえます(ファンの方すいません)

これは提供曲としては一番有名かな?「桜色舞うころ」

このアルバムのプロモであちこちで無料ライブをやってたのに、
なぜか1日として予定が合わず・・・いまだ生歌を聴く機会に恵まれません(涙)
[PR]
by wuyue | 2008-09-30 13:11 | J-POP

復活を!!

2002年で終わってしまった音楽番組「THE夜もヒッパレ」
この番組大好きで欠かさず見てました。
コラボや古い洋楽カヴァー満載で、ソウルパワーのTV版という感じですね。
「Stand by me~贈る言葉」みたいなアレンジって、よくやってましたよ。
グッチ裕三が歌って、モト冬樹がコケる・・・みたいな。

Skoop On Somebodyも
[PR]
by wuyue | 2008-09-27 20:56 | J-POP
ってことで、昨夜はお友達が当ててくれた超☆プレミアムライブでした。
会場はSHIBUYA BOXX。100組200名(+α?)で、もう一杯の狭さです。
ソウルパワーとは打って変わって、ものすごいアットホームな3人だけのライブ。
久々にライブハウスの一体感を味わえた、至福の時間でありました。

後ろの方、パンパンやね
[PR]
by wuyue | 2008-09-26 19:30 | J-POP
b0042003_134641100.jpg
ソウルパワーサミット2008 東京公演の2日目行ってきました。
出演者がみんな同世代~年上ってのがいいよね、やっぱ(笑)
ゴスペラーズですらあの中では若手になっちゃうんだもん。すごい・・・。
まさにオヤジの祭典!(去年も同じこと書いたような気がする)

昭和のギャグ飛ばしまくりのオヤジたちに、ちゃんと笑えるお客も同世代以上?
「好きなん~だけど~♪」と歌う桑マンに、きっちり手拍子してるし。
といって、若い子たちがドン引きというわけでもなく、みんなノリノリ!
だから好きだわーソウルパワー!!

では、出演順に簡単な感想を・・・。
[PR]
by wuyue | 2008-09-24 22:49 | J-POP

15歳のキモチ

NHK合唱コンクールのドキュメント番組を見ました。

三部合唱なのに、たった2人で参加する宮城の中学生。
島に高校がなく、卒業したらバラバラになる離島の中学生。
そして、途中から見たんでよくわからないんだけど、練習のときから
楽曲提供者のアンジェラ・アキさんが関わってたらしい神戸の中学。

それぞれの県大会までの様子を追った映像だったんだけど、
頑張る子供たちがいじらしくて、もう号泣でしたわ・・・。
何かに一生懸命取り組んだ思い出は、一生忘れられないだろうね。
ろくに部活に参加してなかった私は、ちょっと後悔・・・。

合唱コンクールはNHK主催だから、たくさんTVで扱ってもらえていいなぁ。
規模は比較にならないほど大きいのに、メディアの扱いがなぜか小さい吹奏楽コンクール・・・。全国大会の模様とか、TVで見たいよ~!!

課題曲「手紙~拝啓十五の君へ~」が、また泣ける曲でね。
15歳の「僕」が未来の自分に、生き方を相談するっていう内容なんだけど、
15の娘に重ねてみたり、自分の15の頃を思い出してみたり・・・。
いつか中学の卒業式の定番ソングになりそうな予感。号泣必至!

昨年の課題曲はゴスペラーズだったんだよね~。
全国大会は来月!皆さん頑張ってね。
[PR]
by wuyue | 2008-09-19 11:32 | J-POP

清水翔太「アイシテル」

ちょっとノスタルジックなイントロから始まるミディアムナンバー。
発売からだいぶたつけど、ずっとヘビロテ中です。

カップリングは、アメリカで絶賛された「STAND BY ME」。
これまでいろんな人の「STAND BY ME」を聴いてきたけど、
なんかとっても新鮮な印象です。若いっていいなー。
目をつぶって聴いてると、ジェロみたいな男の子が歌ってるとしか思えない。
ゴスペラーズとの「STAND BY ME」共演なんて、聴きたかったけど、
残念ながら9/21は翔太くんスケジュール入ってんのね・・・(涙)

板前ちっくな風貌が、若い頃のタオさんっぽいって以前書いたけど、
声も似てるわけじゃないのに、歌い方がやっぱタオさんっぽいの。
「生きてるぅぅぅぅ~」とか「おーべいべ」とか、フェイクの感じが特にね。

初めて「望春風」や「飛機場的10:30」を聴いたときの衝撃ふたたび!という感じ。

タオさんファンの方には翔太くん、翔太くんファンの方にはタオさんを、
是非聴いてほしいですな。タオさんあまり活動してないけどね(笑)。
とりあえず名盤の1st「陶喆」をオススメしときます。(もう11年前なのね・・・)

翔太くん1989年生まれ。タオさん1969年生まれ。ちょうど20歳違い!
20年後、翔太くんは、どんなすごいシンガーになってるのかな。
とりあえず早くアルバムが聴きたい~。そして生歌が聴きたい~。
[PR]
by wuyue | 2008-07-27 14:25 | J-POP

鼠先輩の後輩は鳩?猿?

先月、書店で本を選んでたときに、妙な歌が有線で流れてきました。
昭和のムード歌謡っぽいメロディーなんだけど、上手くない上になんかキモい歌声。
そして、「きび団子」だの「汽車ぽっぽ」「鳩ぽっぽ」だのといった歌詞が、変!!
最後の方はひたすら「ぽぽぽぽっぽっー」っていうリフレイン。
終わったかと思いきや、また「ぽーぽーぽーぽっぽー」ってまた始まる・・・。
本を見ようとしても、しつこく「ぽーぽーぽー」って繰り返されると、そっちが気になって、
全然集中できず、「もうやめてえぇぇぇー!」って叫びたくなりました。

それが鼠先輩という歌手の「六本木~GIROPPON~」という歌だったんですね。
b0042003_2313563.jpg
六本木というより、歌舞伎町的な風貌のオッサンです。(でもまだ35歳・・・)

今朝、TVで初めて生の姿を拝見したんですが・・・・
パンチパーマにストライプのスーツ、サングラス、両腕に金時計(ドンキで購入)、
エンポリオアルマーニと下手な手書文字風のネクタイ(なんと正規品だそうです)、
といういでたちで、「六本木」を熱唱しておられました。

今日聴いたのが2回目なんですが、もう完全にサビの部分覚えてしまいましたよ。
頭の中でずっと「ぽぽぽぽっぽっー」がリフレインです(泣)

ご本人によると、「Jポップ歌手」ではなく「Jポッポ歌手」だそうです。
[PR]
by wuyue | 2008-06-13 23:07 | J-POP