改装OPENいたしました


by wuyue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:C-POP( 40 )

日中カラコン

私と友人Mの間ですっかり年中行事となっている日中カラオケコンクール。
今年も行ってまいりました。年に一度、練馬駅前が中華街となります。

練馬へ行く前に、ちょっと池袋サンシャインで遊んできました。
餃子スタジアムで餃子を食べて、ワンコイン占いをしてみました。
新宿の母、銀座の父など色々ありましたが、私が選んだのは「大阪のおかん」
b0042003_2239441.jpg
最初に生年月日など登録すると、おかんで出てきて3つくらい質問してきます。
「だんだんあんたのこと、わかってきたわ」ってうなづくおかん。
そんな簡単な質問でわかるんかーい!ってツッコミいれたくなります。
b0042003_22452576.jpg
最後に「おかんが語るあなた自身」という分析結果が出てきて終わり。
自己分析は、まあ当たってる部分もあったけど、占いってそんなもんよね。
無理やり当てはめれば誰でもそういう部分はある・・・的な。

で、カラコンです。今年は日本人の出場者の方が多かったですねぇ。
毎年中国チームはすっごくうまい人ばかりなんですけど、今年はビミョーだったかな。
なんせ5年くらい毎年行ってる私が言うんだから間違いない(笑)

中国チーム、今年はコブクロが二組くらいいましたね。
メロディ的に中国人が好きな路線かも。なかなかどうして難しいと思いますけどね。
伊藤由奈とか、絢香とか、倖田來未とか、皆さんほんとチャレンジャー。
歌唱力もそうなんですけど、発音も審査の対象になるので、
そうなると発音の良し悪しがわかりにくいテレサ・テンあたりが最適かも(笑)

あと、日本チームは毎年Jayを歌う方、必ずいらっしゃいますけど、
今年感じたのは、普通の人がJayっぽい歌い方をすると、とてもキモいということ。
暴言大変失礼ですけど、上手い方が多いので、選曲も大事だな・・・と。

優勝したのは、若い男性二人組でした。とてもうまかったので、これは納得!
ケミストリーの「最期の川」を歌ったんですけど、ハモリもほぼばっちりでした。
ほぼ、というのは、一瞬だけビミョーな部分があったから。
2人とも、それぞれはすごくうまいので、そこだけ惜しかった~。
やっぱりハモるっていうのは、とっても難しいことなんですねぇ。
TVで見てても、決してはずさないゴスとかコブクロとかってやっぱすごいです。

審査員のお1人は、「すがはらやすのり」さんという歌手の方で、
「日本を代表する」歌手だそうです。へー、日本人なのに知らんかった!!
b0042003_2313317.jpg
「四季の歌」のオリジナルはこの方が歌ったんだそうですよ。
「アラフォー」どころか、「アラセブ」「アラエイ」なファンの方々が応援されてました。

そして、もう1人のゲストは台湾の「范逸臣」(ファン・イーチェン)さん。
韓国の「I believe」を中国語で歌って大ヒットさせた歌手です。
以前このブログでも話題にした、ドラマ主題歌で「ミドヨ」をカヴァーしたのもこの人。
最近では、台湾映画「海角七號」」に主演したことで話題にもなっています。
小柄で、ごくふつーのお兄ちゃんでした。
b0042003_23201338.jpg
しかし、毎年思うけど、殺風景なステージだな・・・。
ズームしてみても、こんなもんです。
b0042003_2321056.jpg
最後の結果発表で、受賞者と並んでもまったく違和感ありませんでした。
出場者の1人って感じ。芸能人のオーラゼロです(笑)
あ、でも歌はやっぱりすごーく上手でしたよ。さすがプロです!
素人で歌がうまいっていう人とは全然違いますね、ホンモノの歌手は。
まあ、プロが素人に負けたら面目丸つぶれですけど・・・。
b0042003_23403325.jpg
カラコンのサイトから拝借してきました。熱唱中の范逸臣くんです。
「海角七號」すごく見たいんですけどね、日本で公開されないのかしらん?

実際に見ないと面白さがわかりにくと思いますけど、ほんとツッコミどころが満載で
オモローすぎるんですよ!日中カラコン。是非一度見ていただきたい。
すでに、来年が楽しみです(笑)
[PR]
by wuyue | 2008-11-18 23:22 | C-POP

改めて周杰倫にハマる

最近聴いてる音楽は、J・K・C-POP色々あるんですが、
ここんとこ連日ヘビロテなのは、この2作品なんですよね~。
b0042003_21251810.jpg


勝手に語ります。
[PR]
by wuyue | 2008-11-14 11:50 | C-POP

新境地!?

飛輪海が、検索ワードランキング上位にきてるのは、アジソンの影響?
私は、相変わらず「花様少年少女」を見ています。
難波南先輩役の唐禹哲くんも、なかなかのイケ麺さんです。
いつの間にか、クラシエの漢方薬の2008年度版メンバーになってたんですね
相変わらずリーダーはジョンフンさんのようですが。
b0042003_21342842.jpg
通年鼻炎の私、今度この青い箱のヤツ買ってみようかなー。
07年度版のクラシエの販促用(?)ビデオを近所のSちゃんに見せてもらったんだけど、
ヘンなドラマ仕立てで面白かったです。08年度版は作らないのかな?

この唐禹哲くんが飛輪海の2人と来日したときの画像を探してたら、

ウーズン!!そ、その衣装はっ・・・・・・
b0042003_21385985.jpg

おい!鬼太郎!!
b0042003_21393616.jpg
もしかして、ウーズンってば、ウエンツの後釜狙ってる?
[PR]
by wuyue | 2008-10-09 21:45 | C-POP

K-POPなC-POP

台湾で今年4月にデビューした男性デュオ「StyLe」
台湾とC-POPに造詣が深いVさんのブログで教えてもらいました。
”中国語で聴くK-POP”という説明に、大いに食指を動かされたんですが、
扱ってるネットショップが見つからず、台湾へ行った朋友に頼んで手に入れたわけです。

1曲目からいきなり「うわ!これめちゃめちゃフィソン!」っていう世界。
フィソンやFTTSの作曲家の楽曲が多く入ってるので当然なんだけど、
これはカヴァーなの?それともよく似た雰囲気のオリジナル?
フィソンもFTTSも全アルバムを持ってるわけじゃないので、そのへん不確か。
この曲なんですけどね→愛永遠(熱狂的フィソンペンの方の情報を求む!)
【追記】情報いただきました!WANTEDという3人グループの1stアルバムの「発作」が、
原曲だそうです。このYGからデビューしたグループ、1枚アルバムを出したきりで、
04年8月に発生した交通事故によるメンバーの死傷で解散してしまったということです。
実に残念ですねぇ・・・(涙)

1台の車の前でひたすら歌い続けるという、驚きの低予算MV(笑)
sg WANNA BEも2曲入ってて、こっちはすぐわかりましたけど。→幸福的起點
これも同じKim Do Hyunさんの曲→「两難」

ほかにもsisqoの「incomplete」なんかも英語でカヴァーしてまして、
洋楽や、K-POPの好きな方なら、抵抗なくすんなり聴けるんじゃないかと・・・。
中国人名の曲も何曲かありますが、最後の1曲を除けばまったく中華臭はしません。
歌い方はあっさりめなので、sgやフィソン・FTTSの「濃さ」が苦手な方にもオススメかも。
sgらがとんこつだとすれば、こちらはしょうゆ味といったところです。
b0042003_0292691.jpg
この2人「Samuel」と「Lawrence」という、「欧米か!」と頭をはたきたくなるような名前。
(どうも台湾人の英語名はいまだに慣れない・・・香港人は抵抗ないんだけど)
「StyLe」というユニット名は、そこからとってつけられたようです。
Lawrenceくん(右)のほうは、どことなくお顔もコリアンちっくで素敵♪
まったく機会はないと思われますが、ひそかに応援しようかと思う所存です。
b0042003_912014.jpg

[PR]
by wuyue | 2007-06-09 09:15 | C-POP

兄弟聯続報

最近、我がブログの検索ワードランキングのつねに上位に位置する「兄弟聯」
検索してきてくださる方のために、最近の写真も載せてみました。真世さんいますね~(笑)
4月に出るアルバムにビビアン・スーが参加するってんで、一緒に写真に納まってます。
この、ビミョーなファッションといい、ルックスといい、適度なゆるさ加減がイイです。
すべてが隙もなくビシッと決まりすぎてるのは、つまらない。
どこかツッコみどころを残しておいてほしいんですよね。
そのへんが、C-POPやK-POPから目が離せない理由のひとつでもあります。
b0042003_2329444.jpg

こっちの写真は、アルバムジャケットだったりするのかしらん・・・?
b0042003_23361666.jpg

[PR]
by wuyue | 2007-03-31 23:38 | C-POP
b0042003_21452997.jpgごく一部で話題の(笑)兄弟聯。
ジャケ写を見てみると・・・・

川崎真世じゃなくて、ただの南方系の顔の濃いヒト(暴言)
カンインじゃなくて、ただのそこらへんにいそうな兄ちゃん(暴言2)
・・・ってことが判明しました。
(兄弟聯の熱烈ファンって方がここ見てたら、ホントすいません・・・)
三田村さんor玉木さんは、やはりどっちにも似てるような気がします。
残る1人は・・・?この写真では結構イケメンじゃないですかね?

どうでもいいけど、この兄弟聯っていうマーク
「なんちゃら警備保障」みたいなダッサイ感じ。しかもGoGoClubだってよ、ぷぷっ・・・
やっぱり鳥羽一郎の世界だわ(笑)兄弟聯は~親父の形見~♪
[PR]
by wuyue | 2007-03-06 21:48 | C-POP

漫長的約會 兄弟聯

あーすごい気になる!神話を夢見る中国の新人グループですってよ!
「Once in a lifetime」をカヴァーしてるようです。
試聴できるところを探し当てたら、国内ベスト10の6位にランクインしてました。
で、試聴♪「あれ?琴の音?そうか、中国風にアレンジしてあるのか」と思い聴いていくと・・・
ありゃ!女の人の声?全然違う曲じゃん!がくーっ・・・・・
1位から10位までのほかの曲はちゃんと正しく入ってるのに、なぜ6位だけ?
<追記>今試してみたら曲かかりました!コチラです。

しかし「兄弟聯」というグループ名に演歌を感じてしまうのは私だけ?
どうも鳥羽一郎が浮かんでくるのは私だけ?
b0042003_17343775.jpg

b0042003_17344934.jpg

[PR]
by wuyue | 2007-03-05 17:32 | C-POP
すっかり秋の恒例行事となってしまった日中カラコンに今年も行ってまいりました!
b0042003_9324748.jpg


興味のある方は続きをどうじょ~
[PR]
by wuyue | 2006-10-24 09:34 | C-POP
たまりにたまった、CDの山を整理しました。
CDラックに入りきらず、ケースを買ってきて入れてたけど、
それも一杯になり、あちこちに山積みになってます・・・・。
ほとんど香港・台湾のCDだから、ブックオフにも持ちこめないし、
結構レアなものも多いから捨てるのももったいないし・・・
と、困ってたら、ジャスミンティーさんが先月から買取を始めたとの情報が!

中野ブロードウェイのジャスミンティーさんには、かつてお世話になりました。
PCもなかった昔、雑誌やTVで仕入れた情報を元に、よく買いに行ったものです。
南口にあった新宿の新星堂も、その頃にしては画期的に品揃えが良かったんですが、
そこにもないようなレアな旧譜が置いてあるのが、ジャスミンティーさんでした。

今ではネットの通販会社も増えて、自宅に居ながらにして何でも手に入ってしまいます。
買取を始めたのは、よりレアなものを求めてくるお客さんのニーズでしょうか。
ただ新譜の販売だけしてたのでは、差別化が図れないからかなぁ。

とりあえず、もう絶対聴かないと思われる5~60枚くらいをセレクトしてダンボールに詰め、
宅配便で送ってきました。はぁ~・・・だいぶスッキリした!
それでもまだまだラックには中華モノだけで200枚以上(たぶん)ありそう。
さらに、どんどん増殖するK-POPのCDがラックを占領しつつあります。
重いので、また第2弾を送るつもりです。
コレクターではないので状態も悪いし、二束三文でしょうけど、値段はどうでもいいんです。
やっぱり愛着があるので、また誰かが買って聴いてくれたらうれしいですからね。

アジアのものなら、韓国でもトルコ・アラブのものでも買取OKだそうです。
もちろんDVD・VCDなども。処分にお困りの方は、いかがですか~?
[PR]
by wuyue | 2006-09-07 21:37 | C-POP

パクリアイドルの行く末

b0042003_23574777.jpg1988年に台湾で結成された、少年隊のパクリアイドル「小虎隊」
89年に私が中国へ渡ったときには、すでに大人気でありました。
最初に見た時には、そのネーミングに大ウケ!
わははーっ!小虎隊だってよー。そのまんまじゃん!
ひねりもなく、少年隊のカヴァー歌ってるし~。

当時はまだ台湾の歌手が大陸で仕事をするような時代ではなかったため、TV番組で彼らにお目にかかることはなく、街でカセットが売られたり(ほとんど海賊盤)、雑誌やポスターが売られてたり(ほとんど勝手に転載)、という露出しかなかったわけですが、それでも彼らの人気はすごかった!若者はみんな髪型やファッションを真似してたもん。

そんな小虎隊ですが、歌手や俳優としてそれぞれずっと頑張ってきてるのですね。
最近、「エーゲ海の恋」というドラマで、トミーくんこと蘇有朋クンを発見してビックリ!
はっきりいって小虎隊時代は何のフェロモンもないコドモーッ!って感じで、一番人気のなかった(wuyue調べ)トミーくんですが、すっかりさわやか系のイイ男に成長してるではありませんか。
歌手としてCDを出してるのはなんとなく知ってはいましたが、こうやってTVで見ると、「まあまあ有朋クン大きくなって・・・!」と、親戚のおばさん状態になってしまいます。

10代にしてこの生え際が心配なベニーくんこと陳志朋も、歌手として活躍しているようで、レスリー・チャンの生涯を描いたミュージカルに主演などしてたんですね。知らんかった・・・。確かに額のあたりがレスリー似です。生え際で採用されたのでしょうか。

正統派二枚目で当時一番人気だった(あくまでもwuyue調べ)ニッキーくんこと呉奇隆は、ずっと俳優として活躍してるので、たまにスクリーンでお見かけしていました。(歌も歌ってんのかな?)

少年隊が今でも少年隊と名乗って現役で頑張ってるのと同様に、パクリからスタートした彼らではあるものの、それぞれがいろんな分野で活躍しているのを見ると、嬉しくなります。一発屋で終わってもなんら不思議はないのに、今でも生き残ってるということは、きっと人知れず努力をしてきたんでしょうね。立派です。

すっかり大人になった蘇有朋くん
[PR]
by wuyue | 2006-07-21 23:55 | C-POP