改装OPENいたしました


by wuyue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:日常( 182 )

なんだか急にものすごく寒くなりましたよね。
慌てて電気敷毛布出して、ふかふかのシーツに換えて、
娘と自分の衣類を、最終入れ替えしました。
パジャマも冬用にしたし、もうこれで万全です!

常夏の国って、衣類も布団類も夏用だけでいいし、入れ替えいらないし、
楽でいいなぁ~って思ったこともあったけど、やっぱり四季のある日本が好き!
暑いの苦手だし・・・。秋は一番好きな季節です。
b0042003_2332266.jpg
娘が美術で作ったジオラマ。もっと木に葉っぱがあったのに、ほとんど落ちてしまいました。
[PR]
by wuyue | 2008-11-08 23:39 | 日常

目が異常乾燥注意報

いよいよ本格始動した電子カルテですが、諸々トラブル発生中。
まあ始まったばかりだから仕方ないよね。

日々の業務は軌道に乗れば、便利なことも多いのですが、
これまでのデータを全部PCに移すのが、ちょっと大変かな。
PCだけに集中してられるなら全然楽なんですけど、
日常の業務をしながらなので、なかなか進まず・・・。

録画しといた「英語でしゃべらナイト」を今見ました。
こちらでは、ハリウッドのジョンさん、英語教育を受けたトニさん、
そして台湾のチャンさんが流暢な英語でインタビューを受けておりました。
やっぱ3種類くらいの言語が喋れるって、かっこいいなぁ。

好きな女性のタイプは?と、押切もえちゃんに聞かれて、
「妻としか答えようがない」と大変困った顔になったトニさんがかわいらしかったです。

ジョン・ウー監督で思い出したけど、結婚する前、元ダンナの実家に行ったとき、
ちょうどTVで「男たちの挽歌」をやってて、兄弟や親戚がみんな集まり、
餃子を食べながら見た覚えがあります。実家は中国の北の方だったので、
チョウ・ユンファが普通話しゃべってるなーと思いつつ見てました。

あと、中国の田舎の人たちは、香港映画の世界が香港だと信じているので、
私が香港で働くことになったと言うと、友達や知り合いはみんな真剣に心配し、
「危ないから行かないほうがいい」と、真顔で引き止めてくれたものです。

本当に毎日銃撃戦が繰り広げられてる街だったら、私だって行きませんて(笑)
[PR]
by wuyue | 2008-11-04 23:17 | 日常

論点が違ってる・・・

施設に入所してる老人が、入浴中に熱傷で亡くなったという事件がありました。
朝のワイドショーでは、いつものように各界のコメンテーターたちが、
「介護報酬が少ないのが問題」だの、「介護の職員の地位を上げるべき」だのと、
したり顔で語ってましたけど、これってそーいう問題?

何人で介助してたとか、流れ作業になってたとか、そんなことは関係なく、
ふつうお風呂に入るとき、当たり前の動作として湯加減見ますよね。
その当たり前のことをしなかった、というだけの話じゃないかと・・・。

何人かいたから、誰かが見たんじゃないかという思い込みがあったんでしょうね。
それって、お風呂だけじゃなくて、薬を飲ませ忘れたとか、点滴を間違えたとか、
すべての場面で共通するミスなんです。絶対なくならないんです。
どんなに対策を講じても、人間がやることって必ず間違いが起きるのです。

だから、私たちは日々細心の注意を払って仕事をしているし、
ミスが起きたら、二度と起こさないよう、みんな努力してます。

それなのに、うちの娘の担任ときたら、個人に渡す成績表を貼り間違えるという、
ありえないミスを何度もおかしてるそうです。医療現場なら、命にかかわることなのに・・・。
こんないい加減な仕事っぷりが許されるなんて、ホント羨ましいわ~。
[PR]
by wuyue | 2008-10-30 22:16 | 日常

受け入れて

受け入れ先の病院が見つからず死亡、というニュースは切ないです。
責任のなすり合いみたいなことになってるのが、さらに切ないです。

誰が悪いわけではないってことはよくわかります。
”仏作って魂入れず”な行政が悪いに決まってます。
瀕死の患者を助けたくない人なんかいるわけない。

うちの病院は急性期ではないので、急変したら隣の病院に運びます。
道路はさんですぐ斜め向かいにある、同じグループ内の病院で、
一応一通りの科はあるので、たいてい受け入れてもらえます。

先日、精神疾患を持つ患者が薬の離脱症状で暴れだしたときは困りました。
精神科はないので、近くの精神科病院に頼んだけれど、受け入れてくれず・・・。

個室じゃないと対応できないが、今空いてないからというのがその理由。
専門医のいる専門病院でも、個室じゃないと対応できない患者を、
一般の病院で今こうして診ているんですけどーー(怒)!って思いました。

その患者、日中はいくらか落ち着いてきて、薬も飲めたし、
まあもう1日様子を見ようってことになったのですが、
夜勤帯に入り一旦はちょっと寝たものの、朝方から再び興奮し始め、
収拾がつかない状況になってしまいました。

当直医を呼んで、、鎮静剤を注射したんですけど、
うちの病院に常備している薬は弱いので、なかなか効かず・・・。
日勤者が来るまでの数時間が永遠に感じられました。

まあ、こういうケースは滅多にありませんが、ちょっとした急変はたまにあり、
でもホントにたまーになので、それに当たるとかなりアタフタしちゃいます。

というわけで、時々急変時の講習会なんてものをやったりしてます。
除細動だの人工呼吸器だの、置いてある場所すら忘れちゃいそう。
ま、忘れるくらい頻度が少ないってことは、幸せなことですけどね。
b0042003_21442531.jpg
挿管シュミレーションセット 283,500円也。
[PR]
by wuyue | 2008-10-25 21:45 | 日常

自給自足

b0042003_874726.jpg近所のスーパーのチラシ。
このタイミングで生キャラメルって・・・。
プリンとはいえ、売れないだろうねぇ。
お気の毒に・・・。

安心して食べられるものって何?
どんどんなくなってるような気がする。

何かのCMのように、家の中で家庭菜園つくり、豚や牛やニワトリや魚とともに寝起きするしかないのかな。
[PR]
by wuyue | 2008-10-25 08:17 | 日常

あるある

b0042003_22482545.jpgルーツ飲んでゴーのご当地看板面白いです。
新宿の埼京線ホームにあったやつは、渋谷の埼京線ホームが改札から遠いっていう内容で、そうそう!って笑ってたけど、職場のあるT公園駅にもあることを発見。

「迷った末加えた一艇はたいてい来ない」

わはは!T公園は競艇があるのです。


HPにはごく一部しか載ってないのですが、全国各地のバージョンが知りたいなぁ。
[PR]
by wuyue | 2008-10-22 22:49 | 日常

電子カルテへの道

今月中旬から毎日講習会が行われてまして、来月より電子カルテへ移行します。
大手の病院ではとっくに電子化されてるでしょうから、今更って感じでしょうけど、
アナログなうちの病院では、そりゃもう大変なことなんです・・・。

「項目がたくさんありすぎて覚えられない~!」
「毎日カルテの記録をPCで打つなんて無理~!」

と、嘆くスタッフに、数々の病院を回ったらしきインストラクターさん、

「大丈夫です。今まで私が教えた中に80代の方もいましたから!」

・・・って、励ましになってんだかなんだかわからんことを言ってました(笑)

PC云々の前に、80代で現役で働いてるってこと自体が天晴れですよね。
でも、この業界、結構いるんですよ。定年過ぎても働いてる方。
前の病院にも、外来に70代のナースがいました。
求人広告を見れば、年齢不問ってところもいっぱいあるんです。
それだけ、需要があるってことなんですよね。

私は一体いくつまで働けるんだろう・・・・・・(汗)
[PR]
by wuyue | 2008-10-20 22:48 | 日常
b0042003_22431449.jpg沿線の駅に、国内最大級のイオンが開店して、ニュースにもなってたけど、端から端まで通路を歩くだけでも1kmとか。疲れそう・・・。で、結局行くのはチャリで行ける近所のイオンなわけです。

久々に行ったら、「牛乳の店にゅう」というアイス屋さんが開店してました。
60円高いココアワッフルのソフトっちゅうのを食べたけど・・・普通のコーンでよかったかな~。
[PR]
by wuyue | 2008-10-18 22:55 | 日常

おバカの生きる道

一応「受験生の母」なんです、今年は・・・。
なのに呑気すぎる私に代わって、娘がせっせと情報収集してくれます。

ただでさえ埼玉の高校知らないし、受験のシステムも昔とは違うのに、
最近の私立高校がまた全然わからん!
やたらたくさんコースがあって、偏差値の幅が20くらいあったり。
成績のいい子を優遇して入学させ、進学率・偏差値上げたいわけなんだね。
高校が予備校化してるってのは、このことなのか。

先日TVで土田晃之が、自身の高校時代の話をしてました。
あまりにもバカすぎて、入れる高校が地元埼玉と千葉に1校ずつしかなく、
埼玉県人なので、一応埼玉の学校に単願で入ったということ。

そしたら、入学式からボンタンに茶髪のヤンキーがぞろぞろ。
学年ひとつ上がるごとに50名くらいが学校やめ、
卒業式には爆音轟かせたバイクで学校の周りをパレード。
などなど、数々のおバカ校エピソードを語っていました。

その学校とは、どうやらS智F谷高校らしいんですが、
今は共学になってて、例によってコースもたくさんあって、
偏差値も、下は40台・上は最高70台まで相当幅広いようです。

なんかねぇ、こういうのどーなの?って思います。
突出した秀才が少数いたって、学校全体のレベルを上げていくのは難しいよね。
ヘタに偏差値が上がって、おバカの行く高校がなくなっちゃったら困るだろうし。

姑息なことはせず、バカ校はバカ校として誇りを持ってほしいです(笑)
[PR]
by wuyue | 2008-10-15 21:56 | 日常

同級生

ウチの病棟のT先生は、私と同い年の女性。
優雅な独身貴族(死語?)で、夏のバカンスはおフランス旅行。
別に言ってないけど、「結婚相手は年収4千万以上じゃないとね~」
っていう、西川史子センセイみたいな雰囲気を醸し出してます。

病棟でいつものように、けだるく仕事をしていたT先生。
時々懐かしの歌謡曲がかかってるんだけど、
「ヤングマン」が流れてきたとき、無意識に手で拍子をとってました。
「先生ノッてますね~」と言われて、
「はっ!しまった・・・」と我に返ってましたっけ。

世代は隠せない(笑)
[PR]
by wuyue | 2008-10-08 21:48 | 日常