改装OPENいたしました


by wuyue
カレンダー

<   2008年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

娘も無事修学旅行から帰ってきたので、近所に新しく出来たお好み焼き屋さんで夕食。
自分で焼くスタイルって、いいんだけど、全身にお好み焼き臭がしみこむよね・・・。

帰ってからTV見てたら、世界の果てまでイッテQで、中国の麺の旅やってた。
広州⇒桂林⇒太原⇒蘭州を、3泊4日という強行スケジュールで、回ったようです。

私の”第二の故郷”太原が、「麺の聖地」として取り上げられるとは・・・(涙)
そう、確かに山西省は麺が有名・・・というか昔は麺がごちそうだったのよね。
麺自体は確かにうまい!けど・・・味付けがイマイチなんだなー。
まあ、今はもっと洗練されて、美味しくなってることと思いますが。

この麺ロード、最終地点の蘭州だけは行ったことないんだけど、
名物の「牛肉麺」(麺はラーメンのルーツ・拉麺)は、太原でよく食べたなぁ~。
牛肉麺ー坦々麺ー方便麺ー炒麺をローテーションで食べてたような気がする。
あ、方便麺はインスタントね。でも屋台で調理してもらったやつはなぜかうまい!
山西名物・刀削麺はほとんど食べなかったような・・・。だって味付けがね・・・。
日本で食べる刀削麺のほうが絶対おいしいです(笑)
[PR]
by wuyue | 2008-06-29 22:45 | 日常

旅行マニュアル

今日からうちの娘は修学旅行で京都・奈良へ行きました。
バブル期のオヤジ並みに、我が家の滞在時間が少ない娘ですが、
やはり帰って来ないとなると、寂しいもんですねぇ。
b0042003_2043634.jpg
事前に配られた修学旅行のしおり、ツッコミどころが満載すぎる!
まず持ち物の決まりなんですが、持って行ってはいけないものとして、

●ワックス(寝癖直しには水を使う)←いいじゃん、ワックスくらいねー今時。

●あめ・ガムは禁止(グミはOK。ハイチュー・メントス・ぷっちょまではOK)
    ↑あの~すみません。その基準は一体なんでしょう?

●麻雀・花札←イマドキの中学生がやるか!?

●知恵の輪(2人で競技するものではないから)←はぁ?

●ルービックキューブ(ただし、2人以上で同じキューブを持ってくる場合に限りOK)
     ↑2人だろうが3人だろうが、やるのは1人でしょうがーーっ!(笑)

●人生ゲーム(部品が多すぎるから)
     ↑いや、あんな荷物になるものはじめから持って行きませんて。

てな具合に意味不明な説明が書かれてました。
さらに行動マニュアル・緊急時マニュアルなど、事細かに書かれています。

●京都にあまり関係ないものを買わない
     ↑そこまでこだわらんでも・・・。大体京都って書いてあっても、
      製造元がその土地じゃないことってよくあるよね。


●賞味期限を確認する←昨今は偽装を見破る目が大事ですね~。

●鹿にちょっかいを出さない←せんべいをあげるのはいいそうだ(笑)

3日間の日程表も、いやー細かい細かい!
もうちょっと子供たちの判断に任せたほうがいいんでないの?って感じ。
社会人になったときに、苦労するぞー。
でも、これって保護者のくだらなーい質問(それくらい自分で判断しろよ的な)
が、反映された結果なんだろうな・・・きっと。
[PR]
by wuyue | 2008-06-27 20:01 | 日常

タダ読み

名作から廃刊した本までタダで読める、インターネットの電子図書館!
気になるけど、買うほどじゃないし、図書館に行くのも面倒だし・・・
なんていう作品ありますよね。立ち読み感覚でチラ見するのにも便利!

コチラ⇒青空文庫
ちなみにうちのじいさまの作品も1篇あったりします^^
[PR]
by wuyue | 2008-06-26 22:33 | 日常
すっごい久々にNHKの「中国語講座」をチラ見しました。
アシスタントの男の子が、時々ミッキ、ところによってはひろみちお兄さんでした。
フェロモンを全部抜き取ったミッキ、あるいは病弱なひろみちお兄さんって感じ。
あ、この男の子のファンもいらっしゃるだろうに、ものすごい失礼ですね(汗)
(今思い出したけど、このお兄さん前から出ててよく歌うたってましたね)
b0042003_20252162.jpg
しかし、女の子は、歴代のアシスタントの中でもNO.1のカワユさですよ!
・・・って歴代全部見てるわけじゃないけど。
20数年前なんて、地味に講師と北京放送のおばはんアナのペアだけで、
寸劇に出てくる俳優さんも、ジャガイモみたいなおっさんばっかだった(暴言失礼)
時代の流れを感じますねぇ・・・。
b0042003_20522110.jpg
美人の産地・杭州出身のローラちゃん♪ブログもたまにアヤシイ日本語がカワユス!

「とっさの中国語」のコドモ体型にチーパオ、そして棒読みの福原愛ちゃんにも萌え♡
[PR]
by wuyue | 2008-06-25 20:31 | 東方神起

風呂なし院長

作り置き点滴で患者さんが亡くなられた、あの医院ですが・・・。
まず、1日300人診察・100人点滴っていう事実にビックリです。

整形外科医院で、点滴はほとんどしないと思うんですけど・・・。
300人にどんな診察をしてたのかも、すごい不思議・・・。

最初は職員に責任を負わせて、あとで自分の責任を認めたのはいいけど、
「私の家には風呂がないんです!」と、今度は泣いて訴え、
それも嘘だとわかるとひたすら沈黙・・・。挙句の果てに逃げ回る。
こんなヤツが仮にも医者かと思うと、あまりに情けなさすぎる!
ヒポクラテスの誓いはどうなった!?(怒)

なんでそんなに患者が来るのか?・・・というと、たぶん地元のお年寄りにとっては、
「点滴をしてくれて薬もいっぱい出してくれる」いいセンセイなんでしょうねぇ。

うちの地元にも、いくつか整形クリニックがあります。

【Aクリニック】
昔から開業してて住宅地にある。儲け主義で診断もイマイチ胡散臭い。
ほとんどの患者に注射を打ち、牽引や赤外線治療などはセットになってて、
患者自らがセッティングして勝手に行う。(順番を仕切るばあさんが必ずいる)
それに鍼とマッサージは実費で、これももれなく受けさせられる。
もちろん頼みもしないのに、薬や湿布も山ほどくれます。
口の達者な医者のキャラも手伝って、連日お年寄りで大繁盛。

【Bクリニック】
駅の近くに数年前開業した。周りは新しいマンションが多い。
ここの先生は若く、余計な検査はしないけど、診断も確か。
薬も湿布も希望しなければ出さないし、ヘルニアなど診断が確定してる人には、
牽引しても無駄だから、やりたければどうぞ、っていう方針。
学生やサラリーマンなども多く、患者の層は比較的若め。


私は最初Aクリニックに通ってたけど、Bが出来てからはそっちです。
お年寄りには、Aクリニックの方がウケがいいのかもしれません。
でも、後期高齢者保険が適用になってからは、どうなのかな?

整形外科って、ある程度設備投資すれば、半永久的に患者は来るし、
そんなに必死にならなくても、十分儲けは出ると思うんですけどねぇ。

まあ、ここまでひどくはないとしても、結構いいかげんな病医院て多いですよ~。
患者さんもよく見極めて受診しないと、危険です。
ちょっとでも「あれ?」と思ったら、セカンドオピニオンを探すべきです。

この風呂なし院長のもとで、指示されるまま働いてた看護師さんたちは、
結果的に患者さんを死なせてしまったわけで、心中お察し申し上げます。
とても意見なんか出来る状況じゃなかったんでしょうね。
地方だから勤務先もそうたくさんあるわけじゃないのかもしれないし、
不満があってもそう簡単に辞めるわけにもいかなかったんでしょうね。

そして、こんなデタラメな医者のせいで亡くなられた方は、本当にお気の毒です。
ご冥福をお祈りいたします・・・。
[PR]
by wuyue | 2008-06-23 21:10 | 日常

今後の課題は発音か

日本デビュー当時の映像を見ている今日この頃。

今じゃ生意気なこと言ってるけど、こんな頃もあったのね・・・。
こんなに可愛かったのに、すっかり大人になっちゃって・・・。
あの頃は手がかかって大変だったわねぇ・・・。

なんて思い出に浸るこの感覚。
こ、これは・・・我が子の成長アルバムを見ている時と同じではないか。
b0042003_2050522.gif
日本語は語彙も増えて、すっかり流暢になった5人ですが、
実は、あの頃の”言わされてた”会話と、発音自体は大差ないことに気付きました・・・。
[PR]
by wuyue | 2008-06-20 20:54 | 東方神起
日曜日にやってたNHKスペシャル「激流中国」見ました。
このシリーズ面白いんだよね~。

今回は、中国の医療の実態。
[PR]
by wuyue | 2008-06-17 22:40 | 異文化
b0042003_2233026.jpg2歳年上の同僚からもらったお菓子。
wuyueさんなら知ってるでしょ?って。
うんうん、ギャグとしては知ってます。

「あたり前田のクラッカー」

でも、このCM見た記憶がないのよね。
微妙に時代がずれてたのか?
我が家がこの番組を見てなかったか?
転勤で地方住まいだったから放映されてなかったか・・・?

ちなみに食べるのも初めて。
ものすごく素朴なお味でした。
・・・なのに、カロリー意外と高め(汗)
[PR]
by wuyue | 2008-06-16 22:12 | 日常

鼠先輩の後輩は鳩?猿?

先月、書店で本を選んでたときに、妙な歌が有線で流れてきました。
昭和のムード歌謡っぽいメロディーなんだけど、上手くない上になんかキモい歌声。
そして、「きび団子」だの「汽車ぽっぽ」「鳩ぽっぽ」だのといった歌詞が、変!!
最後の方はひたすら「ぽぽぽぽっぽっー」っていうリフレイン。
終わったかと思いきや、また「ぽーぽーぽーぽっぽー」ってまた始まる・・・。
本を見ようとしても、しつこく「ぽーぽーぽー」って繰り返されると、そっちが気になって、
全然集中できず、「もうやめてえぇぇぇー!」って叫びたくなりました。

それが鼠先輩という歌手の「六本木~GIROPPON~」という歌だったんですね。
b0042003_2313563.jpg
六本木というより、歌舞伎町的な風貌のオッサンです。(でもまだ35歳・・・)

今朝、TVで初めて生の姿を拝見したんですが・・・・
パンチパーマにストライプのスーツ、サングラス、両腕に金時計(ドンキで購入)、
エンポリオアルマーニと下手な手書文字風のネクタイ(なんと正規品だそうです)、
といういでたちで、「六本木」を熱唱しておられました。

今日聴いたのが2回目なんですが、もう完全にサビの部分覚えてしまいましたよ。
頭の中でずっと「ぽぽぽぽっぽっー」がリフレインです(泣)

ご本人によると、「Jポップ歌手」ではなく「Jポッポ歌手」だそうです。
[PR]
by wuyue | 2008-06-13 23:07 | J-POP

「斜陽」の初版本

b0042003_2365011.jpg
わかりにくいけど、「太宰」の印鑑が押してあります。
昔の初版本って、著者の印鑑が押してあったんですね~。
作家の娘である母によると、子供の頃よく手伝わされた、とのこと。
ってことは、これもかの太宰センセイ(or家族)自身の手によって押されたもの!?
いや、太宰大先生ほどの方になると、そんな内職みたいなことはしないか・・・。
この印鑑があるかないかで、価値が違ったりしてくるんでしょうねぇ。
これは保存が悪すぎて、全然お宝にはなりそうにないですけど。
母の練馬の実家が、戦災に遭わなければ、もっとお宝が残ってたかもしれないのになぁ。
[PR]
by wuyue | 2008-06-12 23:16 | 日常